色を長持ちさせたい!白髪染め前後のヘアケア方法の工夫

白髪染めをして目立つ白髪をばっちりカバーできたとしても、すぐに色落ちしてしまったのでは困ります。

あまり頻繁に髪を染めると頭皮や髪が傷んでしまいますし、白髪染め代もかかってしまいます。

長く美しい髪色と保つためにも、白髪染めした後のケア方法や染める前にちょっとした工夫をするのがポイントです。

そんな色持ちをよくするコツについて紹介しましょう。

染める時のひと工夫で色持ちがよくなる

白髪染めをする時に少し工夫するだけでも、染料がしっかり髪の内部に定着してくれます。

事前に汚れをしっかり落とす

染める前日のシャンプーはいつも以上に丁寧にやりましょう。

汚れやヘアケア剤などが髪に残っているだけでも、白髪染めの染料が入りにくくなって色落ちしやすくなります。

汚れだけでなく、ワックスやヘアオイルなどのヘアケア剤、シャンプーやコンディショナーなどの髪を保護する成分なども影響します。

ヘアケア剤をしっかりと落とし、シリコンなどの保護剤が含まれていないシャンプーで念入りに洗うのがコツです。

温かいほど髪はよく染まる

白髪染めの薬剤を塗って放置する時、髪の温度を高くすることで染まりやすくなります。

ラップや使い捨てのヘアキャップを活用して、放置する時には頭皮と髪を温めるようにしましょう。

冬場で室内が寒い時には、軽くドライヤーを当ててあげるのもおすすめです。

温まるほど染料の発色もよくなって、色が抜けにくくなります。

染めた直後の注意点

白髪染めした後で一番色落ちしやすいのが、すすぎの時です。

染めた直後で染料がまだ定着しきっていませんから、すすぎのやり方に注意しましょう。

シャンプーは使わずぬるま湯のみで

白髪染めの薬剤をしっかり落としたくて、ついシャンプーして洗い流してしまいます。

シャンプーの洗浄成分は白髪染めの染料まで洗い流してしまいますから、染めた直後に使わないようにしましょう。

ぬるま湯だけで丁寧にすすいであげて、色の付いたお湯が出なくなるまで続けましょう。

しっかりすすぎができていたら、衣類などに色移りすることはありません。

トリートメントで染料の流出を防ぐ

染めた後のトリートメントは必須です。

髪が白髪染めでダメージを受けていて、潤いや栄養などが不足していますから、たっぷりと栄養を与えてあげましょう。

染めた後に髪がぱさついたり乾燥したりするなど、ダメージを最小限に抑えてくれて髪のコンディションを整えてくれます。

髪表面を保護する成分も入っていますから、キューティクルの働きを助けてくれて染料が隙間から流出するのを防げます。

すぐにドライヤーで乾燥させる

頭皮や髪を温めると染まりやすくなるのと同じで、染めた直後もまだ染料が髪内部で定着しきっていません。

それをしっかりと定着させるためには、温めるのがおすすめです。

あまり高すぎる温度だと乾燥が進んでしまいますから、ドライヤーの温度を低めにするかなるべく離して乾かすのが大切です。

濡れた髪だと表面のキューティクルも開いた状態で、染料が流出しやすくなっています。

乾燥させると自然と閉じてくれて、発色がよくなり色落ちを防いでくれます。

普段のヘアケアで気をつけたいこと

普段のヘアケア方法に少し注意するだけでも、色持ちをよくするのに役立ちます。

ちょっとの手間が面倒な白髪染めの回数を減らしてくれますから、できることから実践しましょう。

洗浄力の強いシャンプーを避ける

白髪染めに限らず、普通のヘアカラーやヘアマニキュア、カラートリートメントなどでも同じです。

シャンプーする度に染料が少しずつ落ちていきますから、シャンプーの洗浄力には注意しましょう。

高級アルコール系シャンプーと呼ばれる市販のものは、洗浄力が高めで汚れ落ちは最強レベルです。

染めた後はそんな汚れ落ちのよさが仇となりますから、適度な洗浄力のものを使うのがおすすめです。

アミノ酸系シャンプーやカラーリング後専用のシャンプーなど、洗浄力が強すぎないもので洗うようにしましょう。

トリートメントなどで保護する

髪にダメージがあるだけで、色持ちが悪くなってしまます。

キューティクルがはがれたり傷ついたりして、隙間から染料が流出しやすくなります。

トリートメントやヘアオイル、ヘアミルクなど、髪の補修などに効果のあるヘアケア剤を使いましょう。

髪が美しく見える効果だけでなく、表面が保護されて美しい髪色をキープしやすくなります。

髪の紫外線対策は万全に

紫外線を浴びると肌はぱさぱさに乾燥したりシミやしわができたりしてしまいます。

髪の毛も同じで紫外線によるダメージが大きいですし、特に染めた直後は髪も頭皮もダメージを受けやすくなっています。

日傘や帽子などで紫外線対策をしっかり行って、なるべく紫外線を浴びないというのが大事です。

スプレータイプの日焼け止めも売っていますから、上手に活用して髪を紫外線の影響から守ってあげましょう。

頭皮を健康な状態に保つ

頭皮を元気で健康な状態に保っておくことで、栄養がしっかり髪にも運ばれるようになります。

元気な髪はキューティクルがしっかりしていてハリコシがあり、染料がしっかり発色して美しい髪色を保ってくれます。

この状態を長く保つためには、髪のケアだけでなくスカルプケアも重要です。

頭皮に汚れを残さずダメージを与えないようにして、頭皮の血行をよくしておきましょう。

スカルプケアシャンプーや頭皮美容液などを使ったり、頭皮マッサージをしたりするするなどスカルプケアを取り入れていきましょう。

加齢による抜け毛なども防げますし、髪のハリツヤを保つのにもおすすめです。

色が長持ちする市販の白髪染め

市販の白髪染めなら価格も安くて使いやすいですし、家で自分で染められるのが大きなメリットです。

たくさん売っている白髪染めの中でも、色が長持ちするタイプを紹介いましょう。

シエロ ヘアカラーEXクリーム

ホーユー シエロ ヘアカラーEX クリーム 3RO (ローズブラウン) 1剤40g+2剤40g [医薬部外品]

クリームタイプですから伸びもいいですし、全体染めから部分染めまで幅広く使えます。

しっかりとクリームが髪に密着しますから、染料も内部まで浸透してくれて美しい髪色をキープできます。

自分で1剤と2剤を混ぜる必要がなく、プッシュすれば自動的に混ざった状態で出てきて手間も省けます。

残った分は次回に持ち越しできますから、無駄なく使えてお財布にも優しいです。

ブローネ 液状ヘアカラー

ブローネ液状ヘアカラー 7 濃い栗色

ロングセラー商品で、全体染めに向いているタイプです。

液状ですから髪全体にムラなく均一に伸ばしやすく、液垂れする心配もありません。

ツンとする刺激臭はありませんし、髪を保護する天然のカモミラエキス配合でダメージを抑えてくれます。

使い切りタイプですが個人差はあるものの、1つでセミロングくらいの長さまで染められてコスパもいいです。

ビゲン 香りのヘアカラー

ホーユー ビゲン香りのヘアカラークリーム5 (ブラウン) 1剤40g+2剤40g [医薬部外品]

色あせ低減処方という独自技術が使われていて、染料が流れ出ないように工夫されています。

染めてしばらく経っても白髪がキラキラと目立ってしまうこともなく、美しい髪色が長続きしてくれます。

クリームと乳液タイプの2種類ありますから、お好みで選んで使用できます。

アロマのフローラルで優しい香りですから、リラックスしながら白髪染めができてしまいます。

まとめ

市販の白髪染めでも美容室で染めてもらった場合でも、ヘアケア方法やちょっとしたことに注意するだけで髪色が長持ちしてくれます。

特に染めた直後の過ごし方やケア方法は一番重要ですから、ここだけポイントを絞って実践していくだけでも違います。

今は市販の白髪染めでも高機能なものが増えていますから、コスパをかけずに自分で色が長持ちするように工夫していきましょう。


グループサイト
腰痛解消!コルセット・腰痛ベルト・マットレスを効果的に!おすすめペンタブ・液タブらー:液晶ペンタブレットもスーツケース・キャリーバッグの選び方バーボン・ウイスキー・ブランデーを楽しもう!グラボらー:グラフィックボード・GPU・グラフィックカード電子辞書ってこんなに便利ミニベロ、ママチャリ、ビンディングシューズっておすすめエアロバイクとランニングマシンおすすめ邦画、おすすめ洋画ランキングファンデーションの選び方・使い方(リキッド・パウダー)バッシュ(バスケットシューズ)の選び方ベイトリールとジギングロッド青汁で健康元気トレッキングシューズの選び方私がおすすめする電子タバコ(ベイプ)ランキング高圧洗浄機でらくらくきれい!加圧シャツ・コンプレッションウェアをより効果的に!ミシンおすすめランキング/電子レンジ・オーブンレンジおすすめランキングDrawing Tablet ClubRPAの始め方たいぶろアクションカメラでGo白髪染めで10歳若く見える方法マットレスで腰痛wo解消しようスッキリ!腰痛解消プロになるための専門学校選び家電おすすめレビューいんぐプロテインノオトDAPノオトガジェノオトビヨウノオトランニングタイツ・マラソンシューズで疾走しよう!