白髪染めを使う!白髪を染めない!それぞれのメリットデメリット

年齢を重ねていくと、増えやすくなる白髪。

白髪が増えてくると、白髪染めを使って白髪を染める方がいれば、染めない方もいます。

では、白髪を染めるメリットとはどのようなことなのでしょうか。

また、デメリットとは?

ここでは、「白髪染めで白髪を染めるメリットとデメリット」、「白髪を染めないメリットデメリット」を説明していくので、興味のある方はぜひご覧ください。

白髪染めを使うメリット

白髪が目立ってきたり気になったりすることで、多くの方は白髪染めを使って白髪を染めます。

白髪を染めるのは結構面倒なことですが、白髪を染めることでとても良いメリットを得ることができます。

白髪がないほうが若く見える

白髪の多くは加齢が原因となってできるため、多くの方は「白髪が多い=年を取っている」というイメージを持っています。

また、白髪があると、どうしても老けて見えてしまいます。

それらのことから、白髪があるだけで実年齢よりも上に見られることが多くなります。

30代なのに40代に見られたり、40代なのに50代に見られると、なんだか悲しいですね。

ですが、そのような悲しいことは、白髪を染めることで解決することができます。

老けて見られる原因が白髪なため、白髪染めを使って白髪をなくせば、白髪によって老けて見られることはなくなります。

白髪がないほうが若く見られるので、なるべく若く見られたいと思っていて白髪がある場合は、白髪染めを使うことをおすすめします。

きちんとしているように見える

白髪が均一に生えているのではなく、バラバラに生えていたりすると、不潔に感じる方もいます。

また、髪をケアしていないように見られることもあります。

ですから、白髪を染めて、白髪がない方が清潔に見られやすく、きちんとしているように見られます。

それなりに歳を取っていれば、白髪がある程度あっても問題ないかもしれませんが、比較的若いと、白髪がまばらに生えていることによって印象が悪くなりやすくなります。

そのため、20代~40代で白髪が生えている方は、印象を良くするためにも白髪を染めることをおすすめします。

白髪染めを使うデメリット

白髪を染めることにはメリットがあるため、白髪染めを使う方は多くいます。

しかし、白髪染めを使って白髪を染めることにはデメリットもあります。

定期的に染めないといけない

一度白髪を染めても、日数が経つことで再び白髪が目立つようになってきます。

白髪が目立つようになってきたら、また白髪を染めなくてはいけなく、それが白髪染めを使うデメリットになってしまいます。

白髪を染めるのにはそれなりに時間がかかり、結構面倒です。

その面倒なことを定期的にやらないといけないため、白髪を染めるのが嫌になってしまうこともあります。

また、白髪染めを定期的に使うことで、白髪染めを購入するお金もかかり、お金に余裕がない方にとってお金がかかることは大きなデメリットになってしまいます。

一般的な白髪染めは頭皮や髪に負担がかかる

一般的な白髪染めは比較的刺激が強いため、頭皮や髪に負担がかかります。

そのため、一般的な白髪染めを使うことにより、頭皮や髪が傷む恐れがあります。

ですから、一般的な白髪染めは、使う頻度に注意することが大切です。

白髪染めを使い続ける限り白髪をずっと気にする必要がある

白髪染めを使って白髪を染めても、日数が経過することでまた白髪が目立つようになってきます。

そのため、白髪染めを使い続ける場合は、白髪をずっと気にする必要があります。

白髪を気にしないでいると、「いつの間にか白髪が目立ってきている」なんてことが起きてしまいます。

そのようなことが起きると印象が悪くなることもあり、印象が悪くなることで気分が落ち込んでしまうこともあります。

ですから、白髪染めを使い続ける限り、ずっと白髪を気にしないといけなく、丁度良いタイミングで白髪を染める必要があります。

白髪を染めないメリット

白髪が生えてきたり増えてきたりしても、あえて白髪を染めない方もいます。

では、白髪を染めないメリットとデメリットとは、どのようなことなのでしょうか。

まずは、白髪を染めないメリットを説明してきます。

白髪染めを使わない分楽

白髪を染めない場合は、白髪染めを使う必要はありません。

白髪を染める場合、白髪を染める時間が必要になり、手間もかかります。

白髪染めをする準備をして白髪を染め、白髪を染めた後は片付けなくてはいけません。

そのように、白髪を染めるのは結構面倒で、結構大変です。

ですが、白髪を染めなければ、白髪を染める時間は必要なく、白髪を染める手間もなくなるため、とても楽です。

その楽ということが、白髪を染めない大きなメリットになります。

白髪染めで頭皮や髪を傷めることはない

一般的な白髪染めを使うと、頭皮や髪に刺激を与えてしまい、頭皮や髪を傷める恐れがあります。

白髪を染めなければ、白髪染めによる刺激が頭皮や髪に加わらないので、白髪染めによって頭皮や髪を傷めることはありません。

白髪染めによって頭皮や髪へ負担がかかると、頭皮や髪の健康を害する場合があり、頭皮や髪の健康を害すれば髪が痩せ細ったり、薄毛になってしまうこともあります。

そのようになると、とてもショックですよね。

そのため、白髪を染めないで頭皮や髪の健康を維持するのことは、女性にとって嬉しいメリットになります。

白髪を染めないデメリット

説明した通り、白髪を染めないことにはメリットがありますが、デメリットもあります。

では、そのデメリットを詳しく説明していきます。

実際の年齢よりも上に見られやすい

白髪があることで、実際の年齢よりも上に見られやすくなります。

一般的に、白髪があると10歳くらい上に見られれるといわれており、27歳なら37歳くらいに見られ、35歳なら45歳くらいに見られてしまいます。

ですが、何歳上に見られるかは、白髪の多さや生え方などによってかわってくるため、必ず10歳くらい上に見られるということはありません。

しかし、老けて見られるということは確かなため、老けて見られたくない方は、白髪染めを使うことをおすすめします。

不潔にみられることもある

人によっては、白髪が生えていることで不潔に見られることもあります。

なぜか人間は、毎日洗髪していても、白髪があるだけで不潔に見られることがあります。

髪がパサついていたり、汚かったり、嫌な臭いがしたりすると、当然不潔に見られますが、その状態で白髪がまばらに生えていると更に不潔に見られやすくなります。

ですから、白髪が似合う年齢になるまでは、白髪を染めた方が良いでしょう。

身だしなみに気を使っていないと思われる

白髪が似合う年齢になっていない方が白髪を生やしていると、身だしなみに気を使っていないと思われることが多くなります。

多くの人は見かけを気にするため、白髪が似合わない年齢で白髪が生えると、白髪染めを使って白髪を隠そうとします。

そのため、白髪が似合わない年齢の方が平気で白髪を生やしていると、「見出しなみに気を使っていない」や、「容姿を気にしていない」などと思われてしまいます。

身だしなみに気を使っていないなどと思われることは、印象が悪くなることにもなるため、白髪が似合わない年齢の方や若い方で白髪が生えている場合は、白髪を染めた方が良いでしょう。

まとめ

以上のように、白髪染めを使う場合や白髪を染めない場合には、それぞれメリットとデメリットあります。

白髪が似合わないような年齢なのに白髪が生えていると、印象が悪くなることが多くあり、損しているような気持になります。

そのため、仕様がなく白髪染めを使っている女性もいます。

しかし、白髪が似合うような年齢になっていれば、白髪によって悪い印象をもたれることは滅多にないので、無理して白髪を染める必要はないでしょう。


グループサイト
腰痛解消!コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスを効果的に!おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットもスーツケース・キャリーバッグの選び方バーボン・ウイスキー(ウィスキー)・ブランデーを楽しもう!グラボらー:グラフィックボード・GPU・グラフィックカードも電子辞書ってこんなに便利ミニベロ、ママチャリ、ビンディングシューズって本当おすすめエアロバイクって本当おすすめおすすめ邦画、おすすめ洋画ランキングファンデーションの選び方・使い方(リキッド・パウダー)バッシュ(バスケットシューズ)の選び方ベイトリールとジギングロッド青汁で健康元気トレッキングシューズの選び方私が絶対おすすめする電子タバコ(ベイプ)ランキング高圧洗浄機でらくらくきれい!加圧シャツ・コンプレッションウェアをより効果的に!ミシンおすすめランキング/電子レンジ・オーブンレンジおすすめランキングDrawing Tablet ClubRPAの始め方たいぶろアクションカメラでGo白髪染めで10歳若く見える方法マットレスで腰痛wo解消しようスッキリ!腰痛解消プロになるための専門学校選び家電おすすめレビューいんぐランニングタイツ・スポーツタイツ・マラソンシューズで疾走しよう!