白髪染めをしても段々根っこに白いものが、全部染め替えますか?

ブローネヘアマスカラ ナチュラルブラウン

丁寧に綺麗に仕上がった白髪染め、しかしふと気がつけば根本に白いものが見えてきた、などということはありませんか。

これはまあ仕方のないことです。

逆に、髪の毛が元気で勢いよく伸びてきていると、楽観的に考えてください。

とは言え根本に見えてきた白い物、どうしても気になりますね。

これを何とかしてから、出かけたいと思うのは誰でも同じことです。

髪は伸びるものそれは元気な証拠

髪の毛が元気なら、伸びてくるのは当たり前のことです。

正直、薄毛に悩んでいる人から見たら、贅沢な悩みだと言われてしまいますね。

しかしその伸びた髪の毛で、根っこに白いものが見えてくると、そうも言ってはいられません。

全部白いならともかく、根っこだけ白いと何となく不精にも見えてしまいます。

また鏡の中自分も、ちょっと老けて見えてしまったりしますね。

ちょっとしたカバーに使える白髪染め

お出かけ前に最後のチェックで鏡を覗いたら、髪の根元に白いものが見えた、とパニックを起こす人もいないではありません。

意外と盲点なのが、そこなのですね。

メイクアップしてる時にどうして気が付かなかったんだろう、と自分を責めるかもしれませんが、人間の集中力は大体1箇所に集中されます。

同じ顔に近い部分でも、髪の根元は見逃されることもあるのです。

結果、出かける寸前にパニック、になってしまうのですね。

そんな時のために開発されたのが、ヘアマスカラと呼ばれる白髪染めです。

マスカラと言っても髪は伸びません

まつげに使用するマスカラの場合、まつげを濃くしてくれるのと長くしてくれるのが役目です。

ヘアマスカラの場合、髪の毛に色を載せてくれますが、長くはしてくれません。

そこのところがちょっと違うのですが、多くのヘアマスカラの場合まつげのマスカラに似たブラシで染めます。

それこそ、髪の毛のマスカラと言った感じです。

今ではコームスタイルで使用するヘアマスカラも出ています。

ヘアマスカラは白髪染めなのか

ヘアマスカラは本来の意味で、白髪染めなのでしょうか。

いわゆる白髪染めの場合、ブリーチで漂白した後に色を載せていきます。

なので色落ちがあまり無くて済むのですね。

色を単に、荒れたキューティクルに入れていくのが、ヘアーマニュキュアです。

なのでヘアマスカラの場合、どちらかと言うとこのヘアーマニュキュアに近いと言えますね。

ブリーチして色を染み込ませると長持ちしますが、髪は傷みやすくなります。

色を載せるだけのヘアーマニュキュアやヘアマスカラは、髪の毛を傷めたくない人におすすめです。

ヘアマスカラにはどんな種類が

ヘアマスカラには大きく分けて、2種類があります。

一時的に白髪をカバーしたい

とにかく今日のお出かけの間だけ、という場合は一時的に染められる一時染毛のものがおすすめです。

着色剤を髪につけるだけのものです。

その場限りの染毛で、シャンプーすれば流れてしまいます。

しかし色を本当に載せるだけなので、髪の毛の傷みもありません。

使い続けると少しずつ

使い続けると少しずつ、髪の毛が染まっていくタイプのものもあります。

ヘアーマニュキュア成分が入っているタイプです。

ヘアーマニュキュアはキューティクルの隙間に色を入れていきます。

染毛料が入っているのですね。

それと同じ成分の入ったヘアマスカラも販売されています。

これだと根っこの部分にだんだんと色が入ってきますので、根っこだけ染めたい人にもおすすめです。

ヘアマスカラのブラシタイプとコームタイプ

ヘアマスカラのコームの部分にも注目してください。

ブラシタイプとコームタイプの2種類があります。

本当に先端だけ、細かい部分をケアしたい場合はブラシタイプがおすすめです。

まつげのマスカラと同じく、細かくタッチできます。

ちょっと広めに塗っていきたい場合は、コームタイプですね。

細かいタッチは苦手ですが、広い部分に手早く塗り拡げられます。

まとめ

白髪染めはできるだけ簡単に、出来るだけ間をおいてやりたいものです。

正直なところ、時間もかかるし面倒だし、美容院でやると結構お財布も辛いことになるし、髪の毛も傷むとデメリットも多いからです。

でも根っこの白い部分が出ると、気分も落ちてしまいます。

そんな時に役立ってくれるのが、ヘアマスカラです。

簡単にリタッチ出来る白髪染めなので、有効活用してください。