白髪染めには放置時間が!放置時間が気にならない白髪染めは?

ウエラトーン ヘアカラートリートメント ナチュラルブラック (白髪用)

白髪染めにつきものなのが、放置時間です。

これはもうどんな白髪染めにも必須の時間です。

この待ち時間がリラックスタイムだと言う人もいますが、できればあまり待たずに仕上げたいという人も、決して少なくないはずです。

では放置時間が少ない白髪染めの代表は、一体何でしょうか。

気の短い人でも納得の白髪染め、そんな物があるのか見てみましょう。

白髪染めの待ち時間って

白髪染めをする時に、脱色と発色にはどうしても時間がかかります。

これがいわゆる、放置時間です。

美容院で染めても家で染めても、一定時間の放置は免れないことになります。

だいたい普通の白髪染めの放置時間は

では普通の白髪染めの場合、どの程度の放置時間が必要でしょうか。

これは勿論製品によって違いが出てきますが、おおよそのところで15分から30分というところです。

それほど長い時間ではないのですが、何となく手持ち無沙汰で中途半端な時間なので、持て余してしまう人が多いのです。

ヘナだともっと長くなる

ヘナカラーの場合はこの放置時間が、1時間位になってしまいます。

でも逆に1時間となると今度は、家事をする時間に当てることも可能なので、割と有効に時間を使えることも事実です。

まあ1時間ですので、やはり気の短い人には忍耐が必要ですね。

放置時間が短く済む白髪染めは

放置時間が短くて済む白髪染めの代表格は、バスタイムに使用ができる物たちです。

ヘアカラートリートメントなら5分位で

ヘアカラートリートメントの場合、大体5分位の放置時間で済みます。

普通のトリートメントをする感覚で使用できるので、それこそ放置という感じなしに済みますね。

トリートメントの後に湯船に浸かったりしていれば、あっという間に過ごせる時間です。

ヘアカラーシャンプーなら待ち時間なし

トリートメントではなくヘアカラーシャンプーを使用すれば、それこそ待ち時間はなしで済んでしまいます。

普通にシャンプーするだけの時間で、染めることが出来るのです。

ただこの場合、使用している時には時間がかかりませんが、色がつくまでに何度かシャンプーしなくてはいけないという問題が出てきます。

放置時間は嫌だけど、自然にだんだんと色が乗ってくるのは待てる、と言う人にはおすすめです。

これも一応白髪染め

もう時間がない、ともかく何としてでも白髪を染めたいと言う時には、ヘアマスカラという手もあります。

その場でササッと塗って、それで染まるのでそれこそ時間もかかりません。

ただこちらの場合は、その時点で時間がかからないのはシャンプーと同じですが、シャンプーと違って色落ちする製品がほとんどです。

つまり、その場限りの1回限りの白髪染め、と考えたほうがいいでしょう。

使用しているうちに段々染まる、と言う謳い文句で出ている製品もありますが、これも個人差がかなり大きいです。

放置時間が短くて済む白髪染めのおすすめは

しっかりと染めてしかも放置時間は短く、と言うちょっと贅沢な希望の場合やはりおすすめは、ヘアカラートリートメントです。

髪のコンディションも整い、入浴中に使用ができるというのがポイントです。

面倒な後片付けや掃除もほぼ必要ありません。

そして染まり具合も均等で、むらなく仕上がります。

できればヘアカラーシャンプーとの併用を、おすすめしたいところです。

問題は少々、お財布への負担が大きいということですね。

まとめ

放置時間が短いほうが、と言うのは誰でも望むことです。

白髪染めの最中の頭を抱えて、何か用事をする気にもなりませんし、安穏と時間を過ごすのももったいなくて嫌と言う人は多いでしょう。

そんな人には、放置時間も短く入浴のついでに白髪染めが出来るトリートメントやシャンプーで、時間を有効に使えるようにしていってください。