白髪は染めたいでも髪は傷めたくない。どんな白髪染めがおすすめ

白髪が生えてきて当たり前の年令になっても、やはりできれば黒々とした髪でいたいと思うのは当たり前のことです。

ましてやまだまだ、白髪とは関係のないはずの年齢で、ある日白髪を発見してしまったら、これは大きなショックですよね。

何とかしたいと白髪染めに走っても、当然のことです。

しかし染めれば染めるほど、髪の毛が傷んでいくのも白髪染めの常なのです。

白髪は染めたい髪は傷めたくない

白髪があるとどうしても、何気に老けて見えるものです。

できればきっちりと染めて、何時までも若々しく痛いものですね。

なので白髪が発見されたら、行きつけの美容室で染めてもらうというのは、まあ当たり前のことではあります。

しかしこれ、何回か繰り返しているとどうも、髪がパサパサになってくるような気もします。

白髪は目立たなくなったけど、髪が傷んだではこれはある意味本末転倒です。

白髪は染めたいけど、髪の毛は傷めたくないですよね。

どうして白髪を染めると髪が傷む

白髪を染めるための普通の白髪染めの場合、髪の毛の大事なキューティクルをこじ開けて、脱色もしてその後染まるという方式を取っています。

キューティクルを開いてしまうのですから、髪の毛がぱさぱさになるのも無理はありません。

しかも脱色するのですから、余計に髪の毛は傷みます。

染めれば染めるほど髪が傷むのは、この繰り返しのせいなのです。

髪の毛を傷めずに染める方法はあるのか

では髪の毛を傷めないで、しかもきれいに染める方法というのはあるのでしょうか。

脱色したりしない白髪染めに期待

キューティクルをこじ開けたり、脱色する方法での白髪染めで髪が傷むのですから、こうした方式以外で染められる方法を探すのがおすすめです。

つまりは、色を押し込むのではなく載せるというタイプです。

これなら髪の毛が痛むこと無く染まりますので、髪のためにはずっとおすすめになりますね。

ただ問題は、載せているだけなので色が落ちやすいということです。

昔からこれがサラサラヘアの代表ヘアマニュキュア

髪の毛に色を乗せるという白髪染めの代表が、ヘアマニュキュアです。

爪に施すマニュキュアのように、髪の毛に色を載せていきます、爪と違うのは、色は本当に髪の上に載っているだけなので、非常に落ちやすいということです。

それさえなければ、髪もサラサラになるし傷まないので、理想的な白髪染めです。

トリートメントタイプやシャンプータイプ

自然の原料を使用したものが多いので、その点でも髪に優しく出来ています。

また普通にシャンプーするだけで染まっていくというのが、面倒がなく人気です。

こちらも少々落ちやすいのですが、人によっては毎日シャンプーするのであまり気にせずに済みます。

徐々に染まっていくので、不自然感もありません。

問題としては、お値段が高めだということですね。

これもロングセラーのヘナ

ヘナは昔からある、植物性の白髪染めです。

染み込みもよく、色落ちもあまりしませんので人気があります。

ただ染めるのに時間がかかるので、その点が少々惜しいところです。

また独特の匂いが気になるという人もいますね。

それ以外はコスパもよく、明るく染まるので人気があるのも道理ですね。

白髪の量と髪のタイプで選ぶのがベスト

こうしてみてみると、髪を傷めないタイプの白髪染めは、多くのタイプが出ています。

自分の髪の毛の状態と、お財布の状況によってフィットするものを選んで下さい。

髪の毛が傷んでいる人ほど、実はこういった載せるタイプの白髪染めは染まりやすいです。

傷んだ髪のほうが染まりやすいというのは、なんだか皮肉な感じもしますね。

とは言えその後髪の毛もサラサラに、白髪も無くなればもう言うことはありませんね。

まとめ

白髪染めで髪の毛が傷む、と言うのは都市伝説ではなく事実なのです。

大事な髪の毛ですので、やはりできるだけ傷めたくないものですね。

勿論髪の毛を傷めない白髪染めにもデメリットはあります。

そこも計算の上、自分に合った白髪染めを選んで下さい。

休みの日にのんびりと時間をかけて、癒やしの時間も兼ねての白髪染め、楽しめるといいですね。