白髪に悩む人におすすめする白髪染め

白髪、、、老いも若きも突如現れる強敵です。

見かけを左右するので、白髪があるだけで老けた人に見えたり印象が変わってしまったりすることも多いです。

最近は近藤サトさんのように白髪を隠さずグレイヘアとして堂々とされる方も多くなってきました。

白髪染めにはいろいろなものがあります。

皆様はどのような対処をされているのでしょうか。

なぜ白髪が出るのか

最近は若くても、老いても白髪が出てきます。

理由としては、過激なダイエットによるミネラルやビタミン不足による栄養不足や毛を作るための必要な栄養分が届かない血行不良、過度なストレスや偏った食事による栄養不足から等でメラニン色素が低下するため、睡眠不足によるメラトニンの低下、そして遺伝が考えられています。

ただ、上記に挙げたものだけが原因ではなく、なぜ白髪が出てくるのかはよくわかっていないというのが実情のようです。

白髪染めというといろいろと種類がありますが、一番きれいに仕上げるのであれば美容室に行くのが一番です。

伸びてくるとすぐに根本が目立ってしまうので頻繁に通わなければなりません。

頻繁に染めていると髪の毛の痛みも気になりますし、なりより時間もかかるし、コストもかかります。

結局は自宅で染めるのが一番なのですが、メリットデメリットいろいろあり、それをご紹介できればと思います。

白髪染めの種類

白髪染めはいろいろな種類があり、大きく分けて5種類の種類に分けることが出来ます。

ヘアカラー、ヘアマニキュア、ヘアカラートリートメント、白髪染めヘナ、白髪染めカラーシャンプーと使い方はそれぞれで自分に合った使い方を見つけることが大事です。

メリットデメリットはそれぞれあります。

ヘアカラー

まずヘアカラーは、髪を脱色してから染色します。

そのため 黒髪もまとめて色を変えることができるので、髪全体的な印象を変えたい方にはおすすめです。

色のバリエーションも多いので、いろいろな色で楽しみたい方にもおすすめな方法です。

メリット

一番長時間色が持続する方法かと思います。

家でカラーを使用するサイト使い方も同じなので、カラー剤を使用しなれている人には使いやすいと思います。

一回でまとめて染めたい人にもおすすめです。

黒髪もまとめて色を変えることができるので、髪全体的な印象を変えたい方にはおすすめです。

色のバリエーションも多いので、いろいろな色で楽しみたい方にもおすすめな方法です。

色もちもいいので、一度染めると長いこと持つので一番利用しやすいのではないでしょうか。

デメリット

デメリットとしては、カラー剤なので毎回使用すると髪を傷めることが多いです。

またつんとしたカラー剤特有のにおいがするのでこのにおいが苦手な人もいるかもしれません。

一度使用すると、残りを取っておくことができないので再度新しいものを購入しなおさないといけません。

後、退色するのが早いので、最初染めたときよりもだんだん色が抜けて明るい茶髪の印象が強くなり当初の思い描いていた印象とは変わってしまうことが多々あります。

傷みも激しいのでトリートメントは必須です。

シャンプーなどでカラーを保てるシャンプーに変えたりすると、気持ちがよくなるかもしれません。

ヘアマニキュア

次にヘアマニキュアですが、こちらは短期間で使用するのであればおすすめな方法かと思います。

ノズル形式になっているものも多く、簡単につけることができます。

メリット

頭皮にも優しく、髪につやが出るので健康で若々しい印象になります。

脱色をせずに色を入れるので髪へのダメージが少ないです。

デメリット

皮膚についてしまうと、取れなくなってしまったり黒髪は染まらなかったりというデメリットがあります。

全体的な色を変えたい方には不向きです。

シャンプーをするたびに、色が抜けて行ってしまい持ちは大体長くて2-3週間です。

皮膚についてしまうと、取れにくいです。

ヘアカラートリートメント

次にヘアカラートリートメントですが、こちらもヘアマニキュアと同じ様な効果があり、短期間つけるのであればおすすめです。

手軽なので初めての白髪染めの方にも簡単なのでおすすめです。

メリット

ヘアマニキュアと比べて皮膚についてしまう心配もなく、普段のトリートメントと同じように使用することができるので面倒な手間がかからずとても便利です。

チューブ型のものが多く、何度でも使えるので、たとえば急なお出かけや不幸があった時に30分もあればしっかり染まるので、一つ家にあると美容室に駆け込まなくてもいいのであると便利でしょう。

トリートメントなので、美髪効果があるものが多いです。

デメリット

デメリットは、カラーバリエーションが少なく、黒髪は染まらないので時間がたつと白髪だけが少し色が抜けたような状態になることも多く、また色を変えたい方にはおすすめできません。

美容室に行く間の応急処置として併用して利用するのも最適です。

ヘナ

Naiad(ナイアード)  ヘナ 木藍(モクラン)400g

ヘナは、昔から使用されている方法です。

古くはインドらから伝来した毛染めでハーブを利用しているので安心して使うことができます。

メリット

原材料にミソハギ科の天然植物を使用した染め方で天然素材を使っているので皮膚が弱かったり、化学薬品にアレルギーがあったりと皮膚に不安のある方には最適な方法です。

デメリット

粉末状のため、自分でお湯で分量を量って調合するとかケープなどを用意しなければならないので、市販のヘアカラーやヘアマニキュア、ヘアトリートメントなどと比べると手間がかかるのが難点です。

オレンジ系の色にしか染まらないのでカラーバリエーションを重視される方には向きません。

カラーシャンプー

最後に、手軽さ、簡単を重視するのであれば白髪染めカラーシャンプーがおすすめです。

ヘアトリートメントと同じように手軽に使えるのが特徴です。

普段のシャンプーと同じように使用するのでとても利用しやすいです。

メーカーによってはシャンプーとトリートメントとセットで売っているものも多く両方利用すると効果が高いです。

メリット

普通のシャンプーとトリートメントと同様に使用し、放置時間もないので一番ストレスなく使用できる白髪染めだと思います。

放置時間は意外とストレスになりますしね。

最近はバリエーションも多くなってきたので、いろいろな商品の口コミを見て試してみることが肝要かと思います。

ただ、専用のシャンプーを購入しないといけないのでコストがかかるのと毎日使用しないと効果が軽減するのが難点です。

そして毎日使い続けて10日くらいでだんだんと色がついてくるのでこの日までになど急ぐときには向きません。

10日を超えると週1-2日くらいのペースでもいいようです。

自然な色合いを求めるのであれば時間はかかるけれどシャンプーがおすすめですね。

デメリット

ただ、専用のシャンプーとなるのでコストが高いです。

大体2千円以上くらいはするので毎日使うとなると負担が大きいかもしれません。

またスタイリング剤などは、先に落としておいたほうが染まりが早いです。

白髪染めシャンプーで二回洗髪したほうがいいかもしれません。

あと洗髪後しっかりと乾かさないと色が定着せずに枕についてしまうということもあります。

白髪染めの注意点

上記に挙げた方法は自宅で自分でやらないといけないので、温度や湿度、放置時間によって出来が変わったり、染めムラがあったりきれいに染まらなかったりすることも多いです。

最近の市販タイプのヘアカラー、マニキュアなどは、ノズルタイプで内側まで染めやすいものや泡状のもの、クリームタイプ、液体タイプも多く、きれいに仕上がることも多くなりました。

自分がどのタイプが使いやすいのか、数多くこなしてコツをつかむことも大切かと思います。

そして染めた後も美しさを保つために、やはり定期的に美容院に通いメンテナンスをしたほうがいいでしょう。

まとめ

白髪を隠すのか隠さないのか、人によってそれぞれです。

常に隠すのか、何か特別なイベントの時だけ使用するのか。

方法は様々です。

いろいろな白髪染めがあるのでメリットデメリットを見極めて、自分に合った白髪染めを選ぶのか大切です。

あまり負担に思わずにいろいろ試してみて自分に合った白髪染めやシャンプーを見つけてください!


グループサイト
腰痛解消!コルセット・腰痛ベルト・マットレスを効果的に!おすすめペンタブ・液タブらー:液晶ペンタブレットもスーツケース・キャリーバッグの選び方バーボン・ウイスキー・ブランデーを楽しもう!グラボらー:グラフィックボード・GPU・グラフィックカード電子辞書ってこんなに便利ミニベロ、ママチャリ、ビンディングシューズっておすすめエアロバイクとランニングマシンおすすめ邦画、おすすめ洋画ランキングファンデーションの選び方・使い方(リキッド・パウダー)バッシュ(バスケットシューズ)の選び方ベイトリールとジギングロッド青汁で健康元気トレッキングシューズの選び方私がおすすめする電子タバコ(ベイプ)ランキング高圧洗浄機でらくらくきれい!加圧シャツ・コンプレッションウェアをより効果的に!ミシンおすすめランキング/電子レンジ・オーブンレンジおすすめランキングDrawing Tablet ClubRPAの始め方たいぶろアクションカメラでGo白髪染めで10歳若く見える方法マットレスで腰痛wo解消しようスッキリ!腰痛解消プロになるための専門学校選び家電おすすめレビューいんぐプロテインノオトDAPノオトガジェノオトビヨウノオトランニングタイツ・マラソンシューズで疾走しよう!