白髪が気になりだしたら使ってみたい白髪染め5種類

白髪染めはいつからは始めるのが良いか、女性にとって大きな悩みです。

白髪ができ始めるのは人それぞれです。

小学生のころからできる人もいれば、50代になってから気になり始める方もいます。

実際は、30代から40代から白髪が気になり、白髪染めを始めるのが多いです。

白髪染めに適した年齢に決まりはありません。

白髪染めの方法は、自分の髪や生活スタイルに合ったものを選びます。

白髪は黒髪に戻らないのか

一度白髪になると、どんどん増えていき、もう黒髪には戻れないのかもしれないと不安になってしまいます。

確かに白髪は年齢とともに増えてきますが、白髪を何もしないでそのまま伸ばしていると黒髪に戻ることがあります。

必ず戻るという保証はありません。

年齢が若いほど戻りやすく、40代でも黒髪に戻る白髪もありました。

しかし、白髪はなかなか黒髪には戻りません。

おしゃれに見せるためにも、白髪染めの必要性が出てきます。

白髪染めにはどんなものがあるのか

白髪染めには色々な種類があります。

ヘアカラー、ヘアマニキュアがあります。

髪や頭皮に優しい、カラートリートメントやヘナもあります。

手軽に使えるリタッチも便利です。

染める方法は美容室で行う方法と、自分で行う方法の2種類があります。

それぞれにメリットとデメリットがあります。

髪の毛の状態以外に、時間や手間、費用などを考えて好みのものを選ぶことができます。

美容室での白髪染めメリットとデメリット

メリットは、美容師に相談することができます。

自分の髪色に合わせて選んだ色で、白髪染めを行うことができるので、きれいに染まります。

色の境目がわからないように色を混ぜたり、塗り残しやムラができないように仕上げてくれます。

デメリットは、美容室で過ごす時間が長いことや費用がかさむことです。

自分で行う白髪染めメリットとデメリット

メリットは、費用を抑えることができることです。

白髪染めは通販やドラッグストアで好みの商品を購入することで、安く済ませることが可能になります。

また、いつでも好きな時間に白髪染めができます。

美容室に行く手間が減り、時間の有効利用になります。

デメリットは、自分で行うので塗り残しができる可能性があります。

塗りにくい場所や頭皮についてしまったりと大変なところです。

お金をかけずに白髪染めをしたい方におすすめです。

ヘアカラー

髪の内部まで浸透させて、しっかりと染めることができます。

個人差がありますが、数か月色を保つことができるので、長持ちさせたい方におすすめです。

薬剤の刺激が強いので、髪の毛が傷みやすいというデメリットがあります。

美容室で行う際には、同時にトリートメントをして髪の毛を傷めないようにケアしてもらえます。

ヘアマニキュア

髪の表面に色を付けます。

ヘアカラーほど長持ちはしません。

しかし、髪の毛や頭皮に負担が少ないので、ダメージを与えたくないときにおすすめです。

自分で行うときには、ブラシタイプのものが使いやすいです。

カラートリートメント

自分で簡単に行うことができます。

普段のシャンプーの後に、トリートメントと置き換えてカラートリートメントを使用します。

髪の表面に色付けをします。

数回繰り返すことで少しずつ色が付きます。

色落ちも早いのですが、いろんな色を試したいときに手軽に利用できます。

リタッチ

気になる部分の白髪染めに便利です。

持ち運びができて、さっと塗ることができます。

一時的なものとして、白髪染めの間に塗って白髪を隠します。

タッチペンやブラシタイプなど使いやすいものを選びます。

本格的な白髪染めをするほど、白髪の数が多くないときにもおすすめです。

ヘナ

髪の毛を傷めずに染めたいときにおすすめです。

トリートメントとしての効果もあり、艶やコシ、ハリを与えてくれます。

ヘナには収れん作用があり、髪の毛の潤いを保つことができるので、きれいに染めることができます。

まとめ

白髪染めは、色々試してみて自分に合った方法を見つけることができます。

白髪とは長く付き合っていくものです。

お金をかけて丁寧に行うのか、髪を傷めず頭皮に刺激が少ないものを選ぶのか、種類によって様々です。

お出かけ前に使ったり、しっかりと染めたりと髪の毛に合わせて選べます。

手軽にきれい染めて、おしゃれを楽しみたいものです。