時短と手間がかからない!泡タイプの白髪染めを愛用する利点

ブローネ 泡カラー 2NR ナチュラリーロゼ [医薬部外品]

40代を超えてくると、年々白髪が増えてきて困ります。

最初のうちは美容室で染めてもらっていましたが、意外とお金がかかるので、ここ数年はもっぱら自宅でセルフで染めています。

色んな白髪染めを使ってきましたが、やはり手軽できれいに染まるのは泡タイプです。

そんな泡タイプの白髪染めの魅力や使ってみた感想などをお伝えしましょう。

普通のヘアカラーで白髪は染まらない

時々、セルフのヘアカラーで自分で染めていたので、白髪染めに変えた時でもそれほど抵抗はありませんでした。

白髪は抜いたら増えるという都市伝説を信じていたので、30代の頃は白髪を見つけたら根元からカットするようにしていました。

しかし、年々白髪の本数は増えるもので、根元を見つけてはカットするという方法では追いつかなくなりました。

ドラッグストアで普通のヘアカラーを買って来て染めてみましたが、ヘアカラーだと薄っすら白髪に色が入るだけで、完全には染まってくれません。

その時改めて、白髪は普通のヘアカラーでは染まらないのだと知り、それ以来、市販の白髪染めを使うようにしています。

時間もお金もかからないセルフの白髪染め

美容室で髪を染めてもらうと、驚くほど高いです。

白髪が増えれば増えるほどこまめに染めないといけませんから、セルフで染める方が圧倒的に安いです。

美容室に予約を入れて出向き、シャンプーからカット、白髪染めまでしてもらうと、早くても3時間くらいはかかってしまいます。

お金だけじゃなくて時間までかかってしまいます。

そんな理由から、セルフで白髪染めを続けています。

白髪染めが楽チンな泡タイプ

液状タイプやクリームタイプ、泡タイプなど、ありとあらゆる種類の白髪染めを試してみました。

最近人気の白髪染めトリートメントにも手を出しましたが、一番使いやすくてきれいに染まるのが泡タイプの白髪染めです。

液状タイプは塗りやすいですが放置している時に垂れてくるので、扱いが難しいです。

クリームタイプは根元だけリタッチするのにはいいですが、全体染めするならムラになりやすく若干塗りにくいです。

ヘアカラートリートメントは髪がつやつやになってうれしいですが、週に2回くらいは使わないと髪色がキープできません。

適当に髪にもみこんでクシュクシュするだけで染まる泡タイプが一番楽ですし、きれいに全体を染めてくれます。

しっかり染まって色落ちもしませんし、時間も手間もかからないので大助かりです。

泡タイプのメリット

泡タイプの白髪染めでも、色んな種類があります。

自分で1剤と2剤を混ぜて専用ボトルに入れるタイプもありますし、最初からボトルをプッシュすれば泡が出てくるタイプもあります。

自分で混ぜるタイプでも大した手間ではありませんから、どちらも気に入って使っています。

泡タイプは泡がしっかり髪の毛に密着してくれるので、液状タイプのように泡が垂れてきたりしません。

泡がきめ細かくてしっかりしているので、最後まできれいに塗ることができます。

弾力性のある泡なので、全体染めだけでなく部分染めにも使えます。

全体染めして余った白髪染めを次の部分染めに使ったりなど、保存しておけるタイプなら白髪染めも無駄にならずにすみます。

他のタイプの白髪染めよりも扱いやすいし、多少雑に塗ってもきちんとムラにならずに染まってくれます。

白髪染め用に持っていると便利なもの

泡タイプは液が垂れてくることはほとんどありませんが、念のために顔や生え際にはクリームを塗ってから染めるようにしています。

肌に染料が付いても洗い流せばすぐに取れてくれますし、肌トラブルを防ぐことができます。

白髪染めは定期的にやることになりますから、専用の洋服とタオル、バスタオル、ケープ、使い捨てのシャワーキャップと手袋などがあると便利です。

洋服は汚れてもいいものを染める時用にしていて、簡単に脱いだり着たりできる前開きタイプのものがおすすめです。

タオルは首に巻いてケープの中に押し込むだけですし、バスタオルは洗い流した後に髪を拭く時のために必要です。

ケープはなくてもかまいませんが、洋服や部屋などが汚れにくくなりますから、あった方が便利です。

白髪染めに付いてくるシャワーキャップと手袋だけでは足りないので、使い捨てタイプも持っています。

ほとんど100円ショップでそろいますから、切れそうになったら買い足すようにしています。

泡タイプ使用時のコツ

髪質が硬くて太く染まりにくいので、放置時間は長めに取っています。

15分くらいで染まるタイプでも30分ほど置くようにすれば、発色もきれいですししっかりと色が入ってくれます。

塗り方はかなり適当で、ブロッキングもしていません。

白髪染めを塗ったら髪の毛をトップに重ねるというのを繰り返し、全部の髪に塗っていきます。

生え際など染まりにくい部分には少量白髪染めを取り出し、指でチョンチョンと足しています。

クシでといたりもしていませんし、ブロッキングなしでもムラなく染まって発色もきれいです。

冬場は寒さで染まりにくくなりますから、シャワーキャップの上に蒸しタオルを乗せて温めています。

頭や首がほかほかして気持ちいいですし、しっかり染まってくれます。

泡タイプの使い心地

泡がしっかり髪に密着するタイプを選べば、使いやすくてしっかり染まってくれます。

弾力がある泡なら途中で泡が潰れてしまうこともありませんし、塗り終わるまでしっかり髪を包み込んでくれます。

放置時間が長すぎると洗い流す時に髪がきしんだり乾かす時にぱさつくことがありますが、それさえ注意すれば大丈夫です。

洗い流した後のトリートメントはしっかりしておかないと、髪のダメージが進んでしまいます。

白髪染めした時は連続で3日くらい毎日トリートメントしていますから、髪のダメージはそれほど気になりません。

塗りやすくて染まりも早いですし、放置時間とアフターケアにさえ注意していれば、使い心地は最高です。

おすすめの泡タイプの白髪染め

どこのドラッグストアでも取り扱いがあり、何度もリピしている白髪染めを紹介しましょう。

ブローネ 泡カラー

ブローネ 泡カラー 2NR ナチュラリーロゼ [医薬部外品]

泡タイプの白髪染めと言ったらこれが定番です。

どこでも売っている人気商品で、今までの泡タイプで一番多く使っています。

泡がしっかりしていますから、塗りやすくて放置中に液が垂れてくる心配もありません。

噛み全体に泡が広がってくれて、染めムラなどなく均一に染まってくれます。

色展開が多いですから髪のおしゃれを楽しみやすいですし、落ち着いたブラウン系がお気に入りです。

シエロ ムースカラー

ホーユー シエロ ムースカラー 5 (ブラウン) 1剤50g+2剤50g [医薬部外品]

ブローネと違って、シエロのムースカラーはワンプッシュで泡が出て来てとても便利です。

白髪染め特有のツンとした臭いがありませんから、バスルームにこもって白髪染めしていても気分が悪くならないです。

染めてしばらくするとブローネよりも髪に赤みが出やすいですが、髪質や体質によりけりです。

泡はブローネの方がしっかりしていますが、滑らかさはシエロの方が上で髪全体に伸ばしやすいテクスチャーです。

まとめ

どちらかというと不器用でめんどくさがりですから、泡タイプの白髪染めには助けられています。

時間と手間をかけないでしっかり白髪をカバーできて、髪の悩みも軽くなってくれました。

年々泡タイプのカラーバリエーションも増えていますから、普通のヘアカラーをしている頃よりも髪色のおしゃれを楽しめています。

使い方がとにかく楽ですから、白髪染めに困っているなら泡タイプを使ってみましょう。