大人気の泡タイプの白髪染め!メリットや使い方のコツ

ブローネ泡カラー 4 ライトブラウン [医薬部外品]

白髪染めにはクリーム状のものや液状のものなど、様々なタイプがあります。

その中でも、白髪染めに慣れていない初心者にも向いていて、ムラなくきれいに染まると人気になっているのが泡タイプです。

これから白髪染めを始めたいという白髪染めデビューにも最適です。

そんな泡タイプの人気の理由やメリット、上手に染めるコツなどを紹介しましょう。

泡タイプが人気になっている理由とは

従来の白髪染めは染める前に1剤と2剤を混ぜないといけませんが、泡タイプは混ざった状態の泡が出てきて髪に湿布していくだけです。

泡なので髪全体に広がりやすく、事前にブロッキングなどをしなくても均一に髪を包み込んでくれます。

ハケやクシで塗る必要もなく、手袋をした手でクシュクシュともみ込むだけで大丈夫です。

時間と手間を大いに省いてくれますし、テクニックも必要ありませんから、手軽にきれいに染められて人気になっています。

しっかり染めるための工夫

手軽に使える泡タイプですが、やはり使い方に少し工夫してあげるだけで染まりがよくなります。

できれば1回できれいに染まってくれて、色持ちがいいのが理想ですから、ちょっとした手間を惜しまずに使いましょう。

放置時間の目安よりもやや長めに

白髪染めを髪全体に広げたら、しっかり染まるまで少し時間を置かないといけません。

髪が太くて硬い人ほど染まりにくいですし、初めて白髪染めをする人も色が入りにくいです。

そこで、説明書にある放置時間よりも5分から10分ほど長く時間を置いてみましょう。

長時間放置しすぎると髪が傷んでしまいますが、ほんの短時間延ばす程度ならダメージもほぼないですし色がしっかり入ってくれます。

温かいほど染料の浸透力が高い

白髪染めやヘアカラーは温かいほど染まりがよくなりますから、冬場などは暖房の効いた部屋や温めたバスルームなど、室温の高い場所で染めましょう。

ヘアキャップやアルミキャンプ、サランラップで密閉してあげると体温で髪の温度が高くなってしっかり染まってくれます。

クシで全体に伸ばす

泡タイプは手でクシュクシュともみ込んで、髪に泡を広げていきます。

髪全体に行き渡ったら、最後にクシで軽く髪をとかしてあげましょう。

より均一に白髪染めが広がってくれて、ムラになりにくくなります。

泡タイプを使う時の注意点

手軽に使える泡タイプですが、安全にきれいに白髪を染めるためにも注意すべき点があります。

1回でしっかり染まるほどの薬剤や染料が含まれていますから、肌の弱い人は肌トラブルなどを起こす可能性があります。

必ず使う前にパッチテストを行って、安全を確かめてから使うようにしましょう。

生理前後や体調の悪い時などは避けるようにしましょう。

ホルモンバランスの崩れで染まりが悪くなりますし、白髪染めの臭いでさらに気分が悪くなる場合もあります。

使いやすい泡タイプの白髪染め

染まりやすくて初心者でも扱いやすく、発色もきれいだと人気の泡タイプのおすすめ白髪染めを紹介しましょう。

ブローネ 泡カラー

ブローネ泡カラー 4 ライトブラウン [医薬部外品]

泡タイプでは定番の人気商品で、ドラッグストアなどで気軽に買うことができます。

染まりにくい生え際や髪の後ろ側も簡単に染めてくれて、泡がしっかり髪を包み込んでくれます。

しっかりした泡で放置している間に泡が垂れてきたるする心配もなく、髪へのフィット感に優れています。

しっとり感を保ってくれるローヤルゼリーエキスなどの美容成分配合ですから、白髪染めで髪がダメージを受けにくいです。

まとめ

白髪染めに慣れていないと、染めるのが面倒になってしまいます。

その点、便利で手軽に使える泡タイプなら、テクニックいらずで初めての方でもきれいに白髪が染まってくれます。

最近は泡タイプのカラーバリエーションも増えていますから、使いやすくて好みの色に染まるものを見つけましょう。

安全に使うことが第一ですから、事前のパッチテストは必ず実行してください。