初めてでも安心!失敗しない白髪染めの塗り方

毎月の出費かさんでいませんか?

日々の食費に日用品代、子どもの学費やローンなど支出を減らすのは至難の技ですよね。

1回1万円弱かかってしまう美容院代をどうにか節約できたらいいなと思いませんか。

この記事では自分で簡単にできる白髪染めのポイントをご紹介します。

毎月浮いた1万円を貯金すれば1年で12万円。

美容院に行く時間とお金を別のものに費やしてみれば新しいお金の使い方を学べるかもしれません。

白髪染めはどこで買える場所は◯◯◯

いつも美容院で染めているから、白髪染めってどこに売っているのかいまいち分からない。

そんな人もいると思います。

白髪染めは家の近くにある薬局やドラッグストア、スーパー、ホームセンターに売っています。

場所は化粧品やシャンプー売り場の近くにあることが一般的です。

特に大型のドラッグストアでは品揃えも豊富なのでスーパーよりもおすすめです。

価格でいえばネットショップのアマゾンや楽天で購入した方が安い場合もあります。

パソコンが使える場合は価格を検索してより安値のお店を探してみましょう。

ネットショップは発送期間に要注意

安値のネットショップは発送が1週間以内など長い期間を設けていることがあります。

白髪染めは時には急いで購入することもありますよね。

必ず発送までにどれくらいかかるのか事前にチェックしてから購入するようにしましょう。

白髪染めはセットを買おう

実際に店舗に行くとさまざまな白髪染めが販売されています。

価格帯は安いものであれば500円〜高いもので2000円ぐらいのものまであります。

節約したいという気持ちから安い白髪染めを選んでしまうと付属品が十分でないことがあります。

白髪を染める工程で必要なクシやコーム、手袋などを購入するよりもセットで販売されているものを選びましょう。

初心者の方は特にセットになっている商品が手軽でおすすめです。

どれを選んだらいいのか分からないという時は

沢山種類があってどれを選んだらいいのか分からない人はネットのレビューを参考にしましょう。

大手のサイトであればきちんと信頼できるレビューが多くあります。

例を挙げるならば化粧品などのレビューサイトの@コスメや、アマゾン、楽天市場などが挙げられます。

検索ワードの部分に「白髪染め」といれればランキングや高評価のものを見つけることができます。

初めて染める人はなるべくランキング上位のレビューがいいものを選んでみましょう。

白髪染めをする時は必ず気温に気をつけよう

白髪染めをする時には部屋の気温に気をつけましょう。

あまり寒すぎる気温だとうまく染まらないことがあります。

一般的に白髪染めをする時には汚れてもいい洋服を着ますよね。

しかし汚れてもいい洋服は意外と半袖などの薄手のものが多いと思います。

冬場に染める場合はあまりに薄手すぎると風邪を引いてしまうこともあり途中で上から洋服を着れないのでなるべく暖かい格好で染めるようにしましょう。

白髪染めを染める場所に注意しよう

白髪染めが壁や地面に飛ぶとなかなか落ちづらくなります。

染める場所の周りに大切な洋服や物を置かないようにしましょう。

要らない新聞紙やビニールを引いたりしながら染めることが重要です。

この時に地面だけカバーしていても壁や家具に飛ぶこともあります。

マスキングテープなどで新聞紙を留めながら地面以外の場所もカバーすることを忘れないようにしましょう。

綺麗に仕上げるために時間は必ず守る

どうしても初めて白髪染めを使う場合は規定の時間を過ぎてしまったりすることがあります。

できれば時計を目の前に置いて髪を染めるようにしましょう。

この時にスマホのアラームで測ってしまうと汚れた手で止めることができないので汚れてもいい時計やタイマーを置くことをおすすめします。

綺麗に塗るためには量を考える

白髪染めで大切なことの1つは白髪染めの量です。

1つ1つの毛をきっちり染め上げるためにも、自分の髪の量にあった個数を買いましょう。

例えばショートの人であれば1箱で足りるのですが、ロングの人は2箱必要になることもあります。

量が少ないと髪の毛の色にムラができてしまう原因にもなります。

まとめ

意外と難しいと思われがちなセルフの白髪染めですがコツさえ掴んでしまえばとても簡単です。

美容院と違って自分の好きなタイミングで染められたり、自分の好きな色をじっくり考えたりして選べる点も素敵ですよね。

最初は失敗しても美容院で直してもらえばいいというぐらいの気持ちで挑めば怖くありません。

回数を重ねる度に上達するものですし、美容院並みの仕上がりに1回目でなってしまうこともあります。

恐れずに挑戦することが最大のポイントです。