トリートメントタイプのデメリットをカバーした白髪染め製品?

アンファー (ANGFA) スカルプDボーテ ヘアカラートリートメント ダークブラウン 女性用 白髪染め 200g 手袋2枚付き オーガニックカラー

白髪染め製品の中には、刺激が少なくなっているトリートメントタイプが販売されています。

トリートメントタイプは、多くの方たちが利用しやすくなっていますが、大きなデメリットもあるので注意しなければいけません。

ところが『スカルプD ボーテ ヘアカラー トリートメント』は、トリートメントタイプのデメリットをカバーできているので、詳しく紹介しましょう。

スカルプD ボーテ ヘアカラー トリートメントの魅力

アンファー (ANGFA) スカルプDボーテ ヘアカラートリートメント ダークブラウン 女性用 白髪染め 200g 手袋2枚付き オーガニックカラー

本製品は、トリートメントタイプのデメリットをカバーしている上に、刺激が少なくなっていて、豊富なカラーバリエーションを用意しています。

これほど魅力の多い白髪染め製品になっているので、多くの方たちが満足しやすいので、詳しく解説しましょう。

深染めが可能

トリートメントタイプのデメリットとは、白髪にカラーを付けづらいところです。

実際に、トリートメントタイプの白髪染め製品は、何回も白髪に塗らなくてはカラーを付ける事ができませんでした。

本製品は、デメリットをカバーするために『浸透型コラーゲン』を配合する事によって、白髪にカラーを付けやすくなっているのです。

そのため、トリートメントタイプで白髪を染めたくても、カラーがあまり付かなくて不満を抱いていた場合には、本製品に買い換えてみる事をおすすめします。

低刺激な製品

カラーが付きづらいトリートメントタイプでも、人気が高くなっているのは、低刺激になっているからです。

本製品は、トリートメントタイプのデメリットをカバーできている上に、髪にかかるダメージを軽減しています。

それを可能にしたのは、髪のキューティクルを開かないで、その上から色素をコーティングできるからです。

髪は少し複雑な構造になっていて、最も外側の部分がキューティクルになっています。

キューティクルは、外部刺激から髪を守る働きがあるので、それが開かないで済めば、髪にかかるダメージを軽減できるのです。

豊富なカラーバリエーション

多くの白髪染め製品は、ブラックかブラウンしか用意していませんが、本製品は4種類ものカラーバリエーションを用意しています。

4種類のカラーバリエーションとは、ナチュラルブラック・ダークブラウン・マロンブラウン・ローズブラウンなどです。

ナチュラルブラックは日本人女性の黒髪になじみやすいカラーで、ダークブラウンは少し暗めのブラウンになります。

マロンブラウンは少し明るめのブラウンで、ローズブラウンは少し赤みのあるブラウンです。

これほど豊富なカラーバリエーションを用意しているので、あなたの好みに合うカラーを見つけられる可能性は高いです。

本製品の注意点

本製品は、魅力的なポイントが多い白髪染め製品ですが、残念ながら注意すべきポイントもあります。

注意点を知らないで、本製品を購入してしまえば後悔する事になってしまうので、詳しく紹介しましょう。

手袋を着用

深染めできるのは、本製品の大きなメリットですが、手にもカラーが付きやすくなっているので、注意する必要があります。

トリートメントタイプは、低刺激になっているので、手袋を着用しなくても利用できるというメリットがあります。

しかし、本製品の場合には、手袋を着用しなければ、手に付いたカラーを落としづらくなっているので注意しなければいけません。

特に、爪が伸びている場合には、爪の隙間に付いたカラーは落としづらいので、面倒に感じるかもしれませんが手袋を着用して利用したほうが良いです。

使用後の掃除

本製品は、カラーが落としづらいので、使用後は掃除をしなくてはいけません。

実際に、お風呂場で本製品を利用した場合には、本製品のクリームが付いてしまった浴槽や床を掃除する必要があります。

本製品を髪に塗った後は、しっかりと乾かした後に服を着用しなければ、服に色落ちしてしまうので注意しなければいけません。

色移りするのは、服だけではなくタオルも同じなので、しっかりとドライヤーで髪を乾かしてから、タオルで拭いたほうが良いです。

パッチテスト

本製品は、低刺激になっていますが、外部刺激に弱い肌をしている方は、肌アレルギーが起きてしまう可能性があります。

肌アレルギーが起きてしまえば、白髪を染める事が難しくなってしまうので、注意しなければいけません。

そのような事態を避けるためにも、本製品を利用する前に『パッチテスト』を行なって下さい。

パッチテスを行っておけば、本製品が肌に合わないのか確認する事ができるので、肌にかかる負担を最小限に抑える事ができます。

もしも、パッチテストを行なった時に異常が見られた場合は、利用を控えたほうが良いです。

製品情報の内容

本製品の魅力や注意点などを理解してもらえたところで、次に製品情報の内容を紹介するので、この白髪染め製品を詳しく知りたい方は参考にしてみて下さい。

本製品の利用法

本製品を利用する場合には、シャンプーで洗髪した後に、しっかりとタオルドライして下さい。

髪の水気をある程度までなくしたところで、付属の手袋を着用して、本製品のクリームを髪に塗っていきます。

深染めするためには、髪に本製品のクリームを塗った後に、5~10分程度まで待つようにして下さい。

短時間で済みますが、体を冷やさないために、浴槽に入って、体を温めておいたほうが良いでしょう。

ただし、浴槽に入る時には、クリームを塗った髪の毛が、お湯の中に入らないように気を付けて下さい。

コストパフォーマンス

本製品は、注意すべきポイントがあるとは言え、深染めできるトリートメントタイプなので、少し値段が高くなっていても不思議ではありません。

ところが、本製品は意外な事に低価格な製品になっていて、楽天市場では送料無料で税込価格2,800円で購入する事ができるのです(2019年1月9日時点)。

実は、トリートメントタイプの白髪染め製品の中には、3,000円を超えてしまうものはいくつもあります。

そのため、コストパフォーマンスの高い製品を探している場合にも、本製品はおすすめです。

利用者たちの口コミ

本製品は、魅力的なポイントだけではなく、注意すべきポイントもあったので、この白髪染め製品を購入するべきか悩んでしまったかもしれません。

そこで、本製品を利用している方たちの口コミを紹介するので、購入するほどの価値があるのか、参考にしてみて下さい。

良い口コミ

本製品のクリームを髪に塗ってみたら、しっかりとカラーを付ける事ができて満足している方がいました。

そのため、短時間で白髪を染めたい方は、本製品を検討してみる価値があります。

白髪を染めたくても、ダメージが気になってしまう方が、本製品を利用してみたら使用感に満足していました。

実際に、髪のキューティクルを開かないで染める事ができれば、髪のツヤがあまり失われないのです。

悪い口コミ

本製品のダークブラウンを購入した方たちは何名もいましたが、多くの方たちがイメージしたものよりも暗いカラーになってしまいました。

暗いカラーになってしまえば、白髪を染める事はできても、気分が落ち込んでしまいがちになるので、注意したほうが良いです。

本製品を利用しようとしたら、容器が少し硬くなっていて、クリームを出しづらいように感じてしまう方までいました。

そのようなケースもあったので、力があまりない方は注意して下さい。

まとめ

本製品は、トリートメントタイプになっていますが、少ない利用回数で白髪にカラーを付けられる白髪染め製品です。

利用する回数が少なくて済むので、本製品は買い換える回数も少なくて済むので、あまりお金をかけないで良いのです。

ただし、本製品の容器は少し硬めになっているので、利用しづらく感じていた方もいたので、注意して下さい。