いつから使えば良い? 白髪染めを使い始める適したタイミング

「最近、白髪がちょっと増えてきたな~」などと白髪が気になり始めると、「そろそろ私も白髪染めを使い始めた方が良いのかな?」などと思う方もいることでしょう。

日本人は基本黒髪なため、白髪が数本生えているだけでも目立ってしまうことがあります。

白髪が目立つことで、その人の印象が悪くなってしまう場合もあるため、白髪はなるべく隠したいものです。

では、白髪染めを使い始める適したタイミングとは、どのようなタイミングなのでしょうか。

白髪染めを使い始める年齢は関係ない

当たり前のことですが、見た目は悪いよりも良い方が良いです。

それは、見た目が悪いと損することがあり、見た目が良いと得することがあるからです。

また、見た目が良くなることで、気分が上がることもあります。

そのため、人の見た目を大きく左右する白髪が生えてくると多くの方は気になり、白髪染めを使い始めるタイミングに悩んでしまう方も多くいます。

「20代で白髪染めを使い始めるのは早いよな」「まだ若いけど、白髪染めを使った方が良いのかな?」などと迷ってしまう方がいますが、白髪染めを使い始める年齢は人によって違ってきます。

人それぞれ体重や身長、体質や性格などが違うように、白髪が生えてくる年齢も人によって様々です。

若いのに白髪が生える人がいれば、50代60代になってもあまり生えない人もいます。

白髪は人の印象を大きく左右しますが、白髪を染めることは強制されていることではなく自由です。

自然のままが良いという理由で白髪を染めない人もいます。

つまり、「若いから白髪染めを使うのは早い」などといったことで、白髪染めの使用をためらう必要はありません。

白髪は30代半ばから生え始めることが多い

加齢によって増えやすい白髪ですが、白髪が生えたり増えたりする年齢は人によって違ってきます。

人によって違ってきますが、30代半ばから後半にかけて白髪が生え始める人は多くいます。

白髪は、年齢を重ねるほど増えやすくなることから、「白髪が多い=老ける(老けている)」というイメージがあり、そのイメージ通り加齢が白髪の原因になります。

ですが、栄養の偏った食生活やストレス、生活習慣や遺伝なども白髪の原因になります。

30代半ばになると白髪ができやすい状態や環境になりやすい

歳が30過ぎると、体力は低下しやすくなり、シミやシワなどは若い頃よりも増えやすくなります。

また、家事や家庭でストレスを多く受けたり、若い頃からずっと働いてきた女性は仕事に対しての責任が重くなる年代でもあり、知らず知らずにうちに多くのストレスや重圧などを受けてしまいます。

それらが白髪が生える原因になってしまうため、30代半ばくらいで白髪が生え始めるのは仕方のないことです。

生えてきた白髪を白髪染めで隠すことは大切ですが、白髪が増えないように生活習慣を改めることも大切です。

若い人が白髪染めを使っても問題ないのか

「若い人が白髪染めを使っても大丈夫?」などと思う方もいますが、若い人が白髪染めを使っても問題ありません。

ですが、白髪をしっかり染めるタイプの白髪染めは比較的刺激が強いので、白髪染めを使うと髪や頭皮には負担がかかってしまいます。

髪や頭皮に負担がかかることにより、髪や頭皮が傷んでしまうリスクがあり、白髪染めを短いスパンで使い続けると、髪や頭皮が傷むことで抜け毛が増えたり薄毛になったりする原因になります。

髪や頭皮への刺激が気になるのなら、比較的刺激が少ない美容院で白髪を染めると良いでしょう。

多くの美容院は、スーパーやドラッグストアなどで売っているお手頃価格の白髪染めよりも、刺激が少ないものを使っています。

美容院では、基本、白髪を染める前と後で適切な処置をしており、白髪染めに慣れている美容師が行うので、市販の白髪染めを使って自分で白髪染めをするよりも、髪や頭皮に負担をかけずに行うことができます。

深刻な悩みになるくらいなら白髪を染めましょう

一般的に白髪があると実年齢よりも10歳は老けて見られるといわれています。

白髪が似合う年齢なら、白髪があっても特に問題ありませんが、20代や30台で白髪があると、印象が悪くなってしまうことが多くあります。

人の印象は非常に大事で、印象が悪いことで周りからの評価が下がることもあります。

そのため、白髪が生え始めたことが気になり、白髪染めを使用するか悩んでいる女性には、白髪染めを使用することをおすすめします。

白髪染めを使うことで、白髪によって老けて見られることはなくなり、白髪によって印象が悪くなることもなくなります。

白髪を染めることで気持ちが明るくなったり、自信が出たりするなど、精神的に良い影響が出ることもあります。

白髪があることで悩んだり、気持ちが暗くなったりするくらいなら、思い切って白髪染めを使って悩みを解決しましょう。

白髪が増えることを促す生活習慣がある場合は、生活習慣を改めて白髪を増やさないようにすることも大切です。

白髪が少ない時は白髪染めを使った方が良いのか

白髪が2本や3本くらいしかないのなら、わざわざ白髪を染める必要はありません。

数本しか白髪がない場合は根本から切ってしまえば、白髪を簡単になくすことができます。

そのため、数本しかない白髪のために白髪染めを使うことはおすすめできません。

数本ではなく、ちょこっと多いくらいの場合は、しっかり染めるタイプのものをを使うのではなく、一時的に簡単に染めることができるスティックタイプを使っても良いでしょう。

白髪を抜くのはNG

「白髪が1本生えているのを発見すると、なんだか抜きたくなる」という人は多くおり、実際に抜いている人も多くいます。

白髪を抜くと白髪が増えるという噂がありますが、白髪が生えている毛穴が他の毛穴に影響することはないため、白髪を抜いたことで白髪が増えることはありません。

髪の毛は元々白く、メラノサイトの働きにより白い髪の毛に黒い色をつけており、毛根はそれぞれ独立しているので、白髪を抜いたからといって白髪が増える心配をする必要はないのです。

しかし、白髪を抜くと、頭皮が傷ついたり炎症を起こしたりなどの頭皮トラブルを起こす危険性が少なからずあります。

また、髪の毛を作り出す毛母細胞にダメージを与え、髪の毛が生えてこなくなってしまう可能性もあるので、白髪を安易に抜くことはおすすめできません。

頭皮を傷つけないためにも、白髪を見つけたら根本をスパっと切るか、白髪染めを使用することをおすすめします。

白髪をプツンと抜いても、ちゃんとした白髪対策にはならなく、頭皮にダメージを与えてしまう可能性があるため、白髪を抜くのは避けましょう。

白髪染めを使って白髪が増えるという噂

あなたは、「白髪染めを使い始めたら、なんだか白髪が増えた」というようなことを聞いたことはないですか?

白髪染めを使うと白髪が増えるという噂があり、その噂は嘘のような気がしますが、一概に嘘とは言えません。

では、なぜ一概に嘘とは言えないのかというと、白髪染めによる活性酸素が影響していることが考えられるからです。

2剤式のヘアカラーや白髪染めは、1剤と2剤の成分が混ざることで活性酸素が生成されてしまいます。

活性酸素は身体を錆びさせる作用があり、老化を促進させる成分といわれています。

2剤式のヘアカラーや白髪染めを使用することにより、髪や頭皮が活性酸素の影響を受けて老化が促進され、白髪が増える可能性があります。

しかし、可能性があるというだけで、科学的にはちゃんと証明されていないので、2剤式のヘアカラーや白髪染めで白髪が増えることがあるということを決めつけることはできません。

まとめ

白髪染めは、いつから使い始めると良いということは決まっていなく、白髪が増えてきたり、白髪が気になり始めたり、白髪をどうにかしたいと思った時に使い始めると良いです。

白髪染めを使って白髪対策するのは良いことですが、白髪ができる根本的原因になることを改善することも大切です。

白髪の原因になる加齢や遺伝などを改善することはできませんが、生活習慣を改善することは可能です。

規則正しく生活し、栄養バランス良く食事をすることは白髪対策になるため、白髪で悩んでいる方は白髪染めを使うだけでなく生活習慣を見直すようにしましょう。


グループサイト
腰痛解消!コルセット・腰痛ベルト・マットレスを効果的に!おすすめペンタブ・液タブらー:液晶ペンタブレットもスーツケース・キャリーバッグの選び方バーボン・ウイスキー・ブランデーを楽しもう!グラボらー:グラフィックボード・GPU・グラフィックカード電子辞書ってこんなに便利ミニベロ、ママチャリ、ビンディングシューズっておすすめエアロバイクとランニングマシンおすすめ邦画、おすすめ洋画ランキングファンデーションの選び方・使い方(リキッド・パウダー)バッシュ(バスケットシューズ)の選び方ベイトリールとジギングロッド青汁で健康元気トレッキングシューズの選び方私がおすすめする電子タバコ(ベイプ)ランキング高圧洗浄機でらくらくきれい!加圧シャツ・コンプレッションウェアをより効果的に!ミシンおすすめランキング/電子レンジ・オーブンレンジおすすめランキングDrawing Tablet ClubRPAの始め方たいぶろアクションカメラでGo白髪染めで10歳若く見える方法マットレスで腰痛wo解消しようスッキリ!腰痛解消プロになるための専門学校選び家電おすすめレビューいんぐプロテインノオトDAPノオトガジェノオトビヨウノオトランニングタイツ・マラソンシューズで疾走しよう!